Renovation

床張り準備中に水漏れ発覚…

いただきものの本実(ほんざね)板と断熱材をいざ計測して張るぞー!!と意気込んで新居に向かうと、あれ?何この水音…蛇口全部しまってるのにジャージャーいってる…

床板を外して根太を補強したまま乾燥させるため(という名目で放置)あけておいた四畳半の床下の水たまり。最近雨も降らなくてむしろカラカラなのに。しかもなんか現在進行形で溜まってる…

あわてて水道の元栓を閉めたところ水音も止まり、あー、これはどっかで水道管がいっちゃったな、と。

もしこの修理にすんごい大金がかかるなら引越し自体考え直そうかと弱気になりつつも、とにかく見積もりしてもらおうと2件の水道業者さんに見積もり依頼。市川市から来てくれた業者さん曰く、水道管の老朽化で一部破裂したっぽいですとのこと。破裂部分だけ直しても十中八九その近くがすぐダメになるので、水道管の引き直しをした方がいいとのこと。しかもその人のところだと応急処置しかできない上に何かあった時に駆けつけられないから地元の業者さんに相談した方がいいとのアドバイスまで。めっちゃいい人。一般的な見積もりまで教えてくれたうえに困ったらまた連絡くださいとのお言葉。めっちゃいい人…!

アドバイスを受けて、大家さんに地元の水道管系の職人さんを紹介してもらい、現場を確認してもらうことに。そのまま使うことも検討していた台所の床板、剥ぎ取りました。

yukashita

ここ剥がさないと壊れたところ見えないし見積もりでないし直せないし。いいの。おしゃれで明るい感じにしたいなって思ってたからちょうどいいの…

剥がした甲斐あって破裂箇所は秒速で確認できました。よりによって水道管の幅ギリギリに作られたコンクリの穴の中。なんでおまえなんだ…!!

地元の職人さんも口を揃えて引き直ししかないね…と。こりゃ¥結構かかっちゃうけど、どうする?と。場所が場所なだけに…30万でなんとかできると思うとのこと。ここでまたちょっと折れそうになりましたが、大家さんが「半分だすよ」と…!!後のことは一切面倒見てあげられないけどそれでも良ければと格安で貸してくれたのに修理費を補助してくれると…!!

ありがたいお申し出を受けて一晩考え、翌日修理を正式にお願いしました。大家さんのお申し出もありがたくお受けすることにしました。有難い…。

そんなこんなで腹をくくって水道工事と同時に床張りも始めるのです!

Otsuks
Mail:otsuks_zakka@yahoo.co.jp
Tel:050-3551-6356
Address:1897-1, Futomi, Kamogawa-shi, Chiba, Japan. 299-2862